ワイシャツの選び方【形状記憶と形態安定】普通のシャツとの違いは?

ワイシャツの選び方【形状記憶と形態安定】普通のシャツとの違いは?
形状記憶と形態安定ってなんぞや?

毎日忙しいビジネスマンや、家事の負担を減らしたい奥様におすすめなのが、

シワを防いでくれる高機能シャツ、それがノーアイロンシャツです。

ノーアイロンシャツは「形状記憶シャツ」や「形態安定シャツ」などとも呼ばれますが、

機能はほぼ同じです。

様々な呼ばれ方があり、イマイチその違いがわからない方に、わかりやすく説明いたします!

 

 

 

 

1.形状記憶とは?

 
形状記憶とは、東洋紡という会社の登録商標です。
そのため、「形状記憶」と書かれていれば、東洋紡の生地を使ったワイシャツとなります。
 
東洋紡
東洋紡株式会社は、繊維を中心に化成・バイオ・医薬など高機能製品の開発・製造を行う、日本の企業。
1882年創業の日本の紡績業界の名門としてその名を知られているが、現在では繊維以外の部門が高い割合を占める。
引用:Wikipedia 
 
高機能製品の開発や製造を長い間研究してきた信頼の「形状記憶シャツ」です。
 
 

2.形態安定とは?

形態安定とは、登録商標ではなく多くのワイシャツの商品名に用いられています。

特殊加工を施し、生地を形態安定させたものを「形態安定シャツ」と呼びます。

(特殊加工とは:生地を液体アンモニアと樹脂加工を施し、その後高温で熱処理を行う)

W&W性

 
形態安定という表示は洗濯後のシワの残り具合を示すW&W性(ウォッシュ&ウェア性)という指標で1.0~5.0級に分けられます。
数字が大きいほど、シワの少ない状態とされる指標となります。
 
形態安定ワイシャツは沢山ありますが、洗濯後のシワをどれだけ抑えれるかは商品によって違います。
 
 
W&W性等級は、公的検査機関において、洗濯と吊り干し乾燥を繰り返し基準をクリアした証となります。
 
形態安定シャツを選ぶときは、W&W性の高いものを選びましょう!
 

3.普通のシャツとの違いとは?

3-1.シワがつきにくい

 
形態安定シャツは普通のシャツと違う最大のポイントは、
アイロンかけが不要であることです。または、アイロンを軽くかけるだけでOKです。
 
洗濯後ワイシャツハンガーにかけて干せば、シワが伸びるのは形態安定シャツだからできること。
 
ちなみに、シワを防ぐ方法は干し方にもポイントが。
 
洗濯後、乾燥機などにかけず濡れた状態でハンガーで吊り干しすることです。
水の重みでシワがよりにくくなりますよ。
 

3-2.速乾性がある

 
また、形態安定シャツは速乾性に優れているところも、普通のシャツと違うところです。
 
「着たかったのに、まだ乾いていない…」
そんな経験がある方は、ぜひ形態安定シャツを選らんでみてはいかがでしょうか?

4.おすすめの形態安定ワイシャツ

 
ワイシャツ専門店のスマートビズが、W&W性が保証されたおすすめのワイシャツをご紹介します。
 
▼スマシャツ     2,900円
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スマートビズの超形態安定シャツ「スマシャツ」
2017年発売以来10万枚突破の大人気商品!
W&W性は最高水準の4.0級。
 
 
▼ハルヤマ i-shirt  4,212円
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはハルヤマさんの形態安定シャツ。
なんと、W&W性5.0級の完全ノーアイロン!
布帛ではなく、ストレッチシャツです。
 
 

5.着心地にこだわるならニットシャツもおすすめ

 
ノーアイロンかつ、動きやすさや着心地にこだわるなら、ニットシャツがおすすめ。
 
ニットシャツは、「編み物」なので、ストレッチ性が高く、
「ワイシャツは窮屈で苦手」という方にも着ていただきやすいシャツです!
 
【ワイシャツはニットの時代】ニットシャツが絶対オススメな理由
 
形状記憶と形態安定の違いをお分かりいただけたでしょうか?
 
面倒なアイロンかけの手間を軽減し、余裕のある毎日を送りましょう!
 
 

コラムカテゴリの最新記事