ワイシャツの選び方│シャツ屋がおすすめ! 実店舗VSネット通販 どこで買うか? 2019最新版

ワイシャツの選び方│シャツ屋がおすすめ! 実店舗VSネット通販 どこで買うか? 2019最新版
実店舗vsネット通販おすすめ

こんにちは。スマートビズの中村です。私のもとには日々多くの方からご相談をお寄せいただきます。
その中でも多いのが「ワイシャツをどこで買うべきかわからない」。
特に店舗を気にされずに買われたり、価格だけを見て買われた方も多いのではないでしょうか。

ワイシャツも多種多様のため、見た目ではわかりにくいですが、気付かずに家計の損失になっていることも。

就職・転職活動中の方であれば、未知の環境に適したシャツを多く扱っているのはどこの店なのか。
毎日外回りを営業される方は、機能面に適したシャツがあるのはどこの店なのか。
主婦の方であれば、極力お手入れの手間がかからずに、家計に優しいシャツはどこで買えばいいのか。
ワイシャツを着用されるシーンは多様ですが、それぞれの好みや予算に合う販売店は見つけづらいですよね。

そこで今回は、業界に少しでも詳しい私から、
ユニクロ・洋服の青山・スーツセレクト・イトーヨーカドーなどの大型実店舗
東京シャツ・鎌倉シャツ・蝶屋シャツ等のワイシャツ専門店系の実店舗
楽天市場・Amazonなどに出店しているネット通販店舗に分けて
それぞれの特徴と選び方を詳しく解説していきたいと思います。

ちなみにスマートビズもネット通販系の店舗として、差別なく紹介させていただきます。

 
 
 

1 実店舗-1 大型実店舗

言わずと知れた全国規模の店舗です。ファストファッションのユニクロ、紳士服店の洋服の青山やはるやま、ツープライススーツのスーツカンパニーやスーツセレクト、大型総合スーパー(GMS)のイトーヨーカードーなどがあります。

 

1-1 ユニクロ

 
https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/easycareshirts/men/
価格帯(定価)(約):2000円〜4000円

ポイント:

最近ビジネスファッションも充実してきたユニクロのワイシャツは、機能性もよく、ノンアイロン性と上質な生地を兼ね備えたシャツも比較的低価格です。
デザインのバリエーションは少なめだが、大量生産によるコストダウンか、品質に対しての価格感はお得に感じます。

 
 

1-2 洋服の青山

 
価格帯(定価)(約):3000円〜6000円

ポイント:

紳士服業界での長い年月と、年間流通額はメンズアパレル業界内でも有数の実績があり、知名度と信頼度が高い。
年齢層のやや高い方への種類が豊富、機能性を多く盛り込んだ種類もあり、しっかり使えそうです。

 
 

1-3 イトーヨーカドー

 
価格帯(定価)(約):2000円〜3000円

ポイント:

シンプルで定番系のシャツが比較的安く購入できる。セール時にはさらに安く購入できることも。
シンプルデザインながらもしっかりとした形態安定シャツで主婦にやさしい。

 
 
 
 

2 実店舗-2 専門店

 
イオンモールや駅周辺や地下の商業施設等を中心に多く出店されているワイシャツ(ドレスシャツ)を扱う専門店です。シャツメーカーのファクトリーブランドや老舗が多く、上質なイメージがあります。
 

2-1 東京シャツ

東京シャツ

出典元:ワイシャツ通販のBRICK HOUSE

https://shop.e-shirt.jp/
価格帯(定価)(約):3000円〜5000円

ポイント:

仕立てがよく、中価格帯ながら襟型などデザインにこだわったものも多くあります。創業60年以上の老舗の信頼感と、駅近の便利さもポイントです。扱いやすい形態安定加工の商品も多数あり、機能性とデザインのバランスが優れたお店です。

 
 

2-2 鎌倉シャツ

メーカーズシャツ鎌倉 公式通販

出典元:メーカーズシャツ鎌倉 公式

https://shop.shirt.co.jp/shop/default.aspx
価格帯(定価)(約):6000円〜10000円

ポイント:

日本製のドレスシャツの専門店で、80番手双糸以上の上質な生地や、貝ボタンなどを多用しながらも、国産シャツの中では低価格感があります。
お手入れは高級素材なのでクリーニング店に出したほうがよさそうですが、手間よりもこだわりを取りたい方へおすすめです。

 
 

2-3 CHOYAシャツ

CHOYAシャツ

出典元:CHOYAシャツ

https://www.choyashirt.shop/
価格帯(定価)(約):7000円〜14000円

ポイント:

長い歴史のあるブランドで古き良き日本のものづくりを現代に受け継ぐ本格日本製ドレスシャツです。百貨店でも多く取り扱われています。
素材や縫製の良さからくる着心地と、目に見えない部分へのこだわりを感じたい方へおすすめ。

 
 

3 ネット通販店舗

最後になりますが、私も運営しているネット通販店舗について解説していきたいと思います。
ネット通販はWEB上でお店同士の価格比較が簡単にできる為に価格競争が盛んで、低価格帯のワイシャツを中心に販売する店舗が多くなっています。
 

3-1 Amazon.co.jp

 
価格帯(定価)(約):1000円〜

ポイント:

多くはAmazonが発送する商品で、通販の中では出荷スピードが早いです。複数枚セットのワイシャツを中心に低価格なものが並びます。
デザイン種類も豊富にあります。様々な会社のものが出品されているため、品質はレビューを見て自己判断したほうがいいかも知れません。

 

3-2 アトリエ365楽天市場店

 
価格帯(定価)(約):1000円〜2000円

ポイント:

海外製でデザインのこだわったものを豊富に扱われています。セット商品には楽天市場内でも有数のレビュー数があり、格安で多数使い回せる上、見た目にも気を使う営業職の方にもおすすめです。

 
 

3-3 シャツステーション楽天市場店

 
価格帯(定価)(約):900円〜

ポイント:

大手シャツメーカーの通販サイトです。実店舗によくあるシンプルな形態安定シャツを格安セット販売されています。ポリエステル混生地もしっかりしており、お手入れも楽なので、主婦の方には家計にも家事にも優しくおすすめです。

 
 

3-4 スマートビズ本店

 
スマートビズ ロゴ
価格帯(定価)(約):1000円〜3000円

ポイント:

デザイン性も高く激安な複数枚セット商品から、大手メーカーと協力し、綿100%の素材と高い形態安定性を兼ね備えたシャツをオリジナルで販売しています。実店舗クラスの品質のものや機能性シャツなども低価格で豊富です。大事なシーンを重ねるビジネスマンや就活生におすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
実店舗中心のお店よりWEB中心のお店の方が、比較的低価格帯は多いようです。しかし、低価格すぎるものも大事なシーンには不向きの場合もあります。
デザイン性や機能性を考えてお店選びをしていきましょう。

コラムカテゴリの最新記事